動きが完成するのは踏んだとき

最近口を酸っぱくしてお伝えしていることがあります。

「動きが完成するのは地面を踏んだとき」
ということです。

例えばテークバックについて考えてみましょう。

多くの方が早いテークバックを心がけていると思います。
ですが、やり始めるのが早いだけで
完成するのは遅いです。

この原因が「踏む」という動作と準備が合っていないからです。


この動画を良ければスロー再生してみて下さい。

テークバック時には必ず足を踏む動作が合っているのがわかります。

それだけでなく
スプリットステップでは相手のインパクトに着地を合わせていますし、
動いて打つにしろ止まって打つにしろ
スイング前には踏んでいます。

この感覚がわかると
よくある実践的でないレッスン病から
脱出することが出来ます。

ご参考までに…!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. ふつうのコトを言わない理由

  2. 負荷≠ダメージ

  3. 応用力=実戦力

  4. 打点とセットの動き

  5. ミスしてもいい理由

  6. 打ち方の違いを考える

PAGE TOP