気がつけば本日8月最終日…

残暑という言葉がピッタリな気候ですが
お客様からお電話でオモシロイ問い合わせを受けました。

「ナチュラルガットについて教えて欲しいんですが…
ナチュラルガットってどの程度雨に弱いんでしょうか?」

ハイ、ナチュラルガットは色んな素材のガットがありますが、その中でも一番水に弱いので
雨が降ってきたときはもちろん、雨上がりなどで湿気ているときの利用も控えたほうがいいです。

「具体的にはどうなってしまうんでしょうか?」

牛の腸で出来ているんですが、ガットは乾燥している状態でして、
水を吸ってしまうとふやけた状態になってしまいます。
そのふやけた状態から乾くときにも切れることがあります。

「有難うございます。
昔はシープガットっていって羊の腸で出来ていたと思いますがいまは牛の腸なんですか??」

ハイ、そうなんです。
羊の腸のガットはほとんどありません。

「それってなに牛の腸なんですか?」

え??

「あ、わからなければ良いんですが…有難うございました。」

ということで
気になったのでBabolatさんに電話。
わかったことがコチラ

→Babolat契約牧場があって食用の牛の腸。
たぶん親牛で、オスかメスは区別していないと思う。

とのことでした。

もちろん公式での回答ではありませんし、
今後変わる可能性もあるので、
「ふ~~ん」くらいで聞いておいてくださいね。

お問い合わせいただいたお客様、
キチンとお答えできなくて失礼いたしました。

ナチュラルガットについては以下の記事がわかりやすいです。

昔ナチュラルガットは「シープ」。どうして今は「ナチュラルガット」と呼ぶ?

ナチュラルガットを使ったことありますか?シンセティックでは越えられない反発性能維持力の高さ。長く高性能を味わえるから、むしろ「お得」!

【ラケットサロンの公式ラインです】
お得情報は優先的にこちらからお送りいたします。

1:1でのトークにも対応してますので、
即張りやレッスンのご予約にご利用ください。

↓↓↓登録はこちらから↓↓↓
友だち追加
ラケットサロンはブログランキングに参加してみました。
1クリックお願い致します。

テニスランキング

0