ふつうのコトを言わない理由

教え方が独特とお客様からよく言われますし、
自分でもそう思います笑

なんでこんな指導をしているのかと言いますと

大前提として
「一般的なテニススクールでは上手くなっていない方が来られるから」
です。

そんな方々に
テニススクールと同じような指導をするのは
僕の中で時間の無駄です。

なので
・スクールでもらったアドバイスではなぜ効果がなかったのか
・理解できなかった点はなんなのか

このように一歩も二歩も掘り下げて指導することを
常に心がけております。

そのためには
偉そうに形を教えないテニスコーチと名乗っていますが
人一倍、プロを始め他人のフォームをチェックしています。

文字通り「穴が空くほど」です。

ずーっと見ていると
「なんでこの動きになるのか」
という理由がおおよそですが検討がつき、

じゃあこうすればいいんじゃないか
という仮説を立て検証します。

自分でやってみて効果がありそうなら
お客様にお伝えしてみる。

これの繰り返しです。

最近では
フェデラーとディミトロフのフォームをずっと見比べていました。笑

興味のある方は聞いて下さい。

※あくまでも一説として受け止めてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 動きが完成するのは踏んだとき

  2. 負荷≠ダメージ

  3. 骨格通りに動かすって…

  4. 試合後に怒られる??

  5. ミスしてもいい理由

  6. 能力×時間=パフォーマンス