昨日はDunlopの新作発表会ということで江坂TCに行ってきました。

新作のDunlopSX300シリーズ、SX600が発表されたのですが
グロメットの作りがかなりオモシロく独特でした!

このスピンブーストテクノロジーと呼ばれるグロメットなんですが、
フェイスのトップ部に配置されています。

そして機能としては
ストリングが打球面に対して「前後方向に動く」ものと「下方向に動く」ものに分かれます。

その効果として謳われているのが
『弾道補正機能』です。

これらの画像のように
・高い打点ではアウトしないように
そして
・低い打点ではネットしないように
という非常にお利口なラケットです。

よく考えられてますよね~~

さて、実際に打った結果としては
低い打点の時の喰い付き感が1番よく感じられ
スピンだけでなくスライスのノリや滑りもかなり良かったです。

そして最近のラケットに言えることなんですが、
軽量ラケットでもしっかりとした「振り心地」があります。

最初、試打したときに
300gのモデルのつもりで打っていたんですが、
実際には285gのLSを使っていました。

ということでラインナップは
SX300TOUR→310g
SX300→300g
SX300LS→285g
SX300LITE→270g
(フェイス面積はすべて100です)

スペック的には「ピュアドライブ」や「ピュアアエロ」はもちろん、
先日発表されたHEADの「グラビティ」の対抗馬になっていると思います。

バッグのデザインもよく、
白と青のオーストラリアンオープン限定モデルは素直にほしいと思いました。

ウェアも今後はDunlopブランドに戻るようです。

昨日の1番の思い出は
試打会にゲストで現れた奈良くるみ選手とテニスが出来たことでした。笑

毎度思いますが、完全なる役得です。

 【ラケットサロンの公式ラインです】
お得情報は優先的にこちらからお送りいたします。

1:1でのトークにも対応してますので、
即張りやご相談にご利用ください。

↓↓↓登録はこちらから↓↓↓
友だち追加
ラケットサロンはブログランキングに参加してみました。
1クリックお願い致します。

テニスランキング

0