ロールキープをしているジュニアの話です。

レベルアップ、体格の成長などの理由から
ラケットの変更をしました。

重さ5g増
ラウンド形状→ボックス形状
ストリングパターンが
16×18 → 16×19に変更
しかもスイートスポット付近が密になっている最近流行りのパターン

スピンラケットから正統派ラケットへの
ステップアップということで、
「最初はボールが飛ばないと感じるかもしれない」
と考え、

テンションを普段は47/45だったのですが
45/43に変更

打った感想を聞くと、
「重い…」

え?そんなはずは…
試打のときはそんなこと言ってなかったし
見たところしっかり振れている…

もしやと思い、尋ねる
「もしかしてボールが飛びにくい?」

「うん…」

やはり!
この子はボールが飛ばない感覚を重いと表現していた様子…

ということでもう1本を思い切って42/40にて張り上げ…
→うん、良い感じ~

ということでこちらも一安心!

…していたのですが、
翌週またご連絡が…

「打ちにくい…」

え~~~
ということで再度ヒアリング

「ぼわんぼわんする」

抽象的な表現ですが笑
推察するに
・重くなったこと
・フレーム形状の変更
・ストリングパターンの変更

これらの要因から
ラケットがボールを持ちすぎているんだろう
と考え、
42/42でセッティング

これで試してもらうと打感がよく感じたとのこと。

ですがしばらく経ってから
「飛びすぎる~~」

との相談が…

これについては
僕も「やっぱりな。」
という感じです笑

重さに慣れてきたら
その重さが武器となります。

しっかりボールを飛ばせるようになるので
テンションが緩すぎると
いわゆる「ぶっとび」状態になります。

なので45/45にて張り上げ…

これにてしばらく気持ちよく使っていたのですが、
昨日また

「やっぱり前のほうが打ちやすかった…」
との相談が笑


また本人と相談して
次のセッティングを決めようと思います笑

「うちの子がこんなに注文多いなんて…!」
とお母様は驚いていましたが、

ちゃんと張られたラケットを使っていくと
自分の好みがはっきり分かってきます。

「道具って奥が深いんですね~」
とも仰っていただきましたが、

そうです、だからお仕事にしたかったんです笑

そして、奥が深いからこそ、
専門店に頼ったほうがラクなんですよ~

【ラケットサロンの公式ラインです】
お得情報は優先的にこちらからお送りいたします。

1:1でのトークにも対応してますので、
即張りやご相談にご利用ください。

↓↓↓登録はこちらから↓↓↓
友だち追加
ラケットサロンはブログランキングに参加してみました。
1クリックお願い致します。

テニスランキング

0