今週の話ですが、ダンロップ様の展示会に伺ってきました。

新作ラケットのDunlop CXシリーズ
ラインナップとしては
【CX 200 Tour 18×20】
フェイスサイズ 95sq.in.
長さ 27.0in.
重さ 315g
ストリングパターン 18×20

【CX 200 Tour】
フェイスサイズ 95sq.in.
長さ 27.0in.
重さ 315g
ストリングパターン 16×19

【CX 200、CX 200+】
フェイスサイズ 98sq.in.
長さ 27.0in. 27.5in.
重さ 305g
ストリングパターン 16×19

【CX 200 LS】
フェイスサイズ 98sq.in.
長さ 27.0in.
重さ 290g
ストリングパターン 16×19

【CX 400】
フェイスサイズ 100sq.in.
長さ 27.0in.
重さ 285g
ストリングパターン 16×19

このようなラインアップとなります。

今までのそれぞれのラケットの数字が100倍されました。
REVO CX 2.0→CX 200
REVO CX 4.0→CX 400

大きな変化としては
①新ストリングパターン
→スイートエリアの向上

②新素材「ソニックコア」の採用
→飛びと打球感の向上

③正面厚を-1mmにした新規フレーム構造
→柔らかく、食いつきの良い打球感

今回は試打会があったので試したのですが、
ポリエステルでも柔らかく感じます。

かといってフニャフニャしたフレームではなく
「芯の通ったしなやかさ」とでも言うのでしょうか…

安心感のある柔らかさでした。

シューズとバッグも発表され、
とくにシューズは今までのプロスパイダーの後継モデルに位置づけられるようですが、
ソールに興味を惹かれました。

アクティベクター(ACTIVECTOR)
というシューズで

足裏の動きに忠実に反応するように作られたソール

ソールは平べったい作り(フラットソール)
シューズ自体は土踏まず部分で前後に分かれるセパレートタイプ
これらを両立させる「シャンク」と呼ばれる
土踏まず下の空白の部分

こちらも試打会にて着用してみたんですが、
「なかなか良い…!!」
自分用に用意しようかと思います。

 

試打会には近藤大生プロもいて
テニスしてもらいました。
(役得…と言いたいことですが、憧れの選手でもあったので終始緊張してしまいました笑)

今回はお土産もいただき、
・クリアファイル
・ジェットストリームの4色ボールペン
・バッジ

非常にありがたい。
(こちらは本当に役得です笑)

【ラケットサロンの公式ラインです】
お得情報は優先的にこちらからお送りいたします。

1:1でのトークにも対応してますので、
即張りやご相談にご利用ください。

↓↓↓登録はこちらから↓↓↓
友だち追加
ラケットサロンはブログランキングに参加してみました。
1クリックお願い致します。

テニスランキング

0