いま見ている子たちの
夏の大会が落ち着き一段落です。

シードが付いた子や、シードを破った子、
前回よりも少しでも勝ち上がれた子と
様々な戦績でした。

基本的にはいい方向へ進んでいるので良しです。

さて
今日の本題です。

これはスクールに通っていらっしゃる一般のお客様にも当てはまると思います。

コーチに試合を見られたら
怒られると思っていませんか??

というか、怒られないようにプレーしようとしていませんか??

まず伺いたいのが
『なにか悪いことしたんですか??』
ということです。

「はい、簡単なミスを続けてしまって…」
→こんなのは僕からしたら悪いことなんかではありません。

僕が試合を見て怒るときは

・イカサマジャッジをした
・ラケットを投げた
・試合態度が悪かった

↑↑↑
など【誰かを傷つけたとき】です。

自分のプレーが悪かったからといって
誰かが傷付くと思いますか??
(俺は傷付いた~~なんてコーチがいるかもしれませんが…)

僕が高校のときに
ミスをしたら試合後に1時間怒られているような高校がありましたが笑

これっていま振り返ると
なんの意味もないです。

もちろん我慢強くなるという副作用は
少なからずあるのでしょうが、
効率的なアドバイスかというとそうではありません。

正直に言って
試合後に怒ってくるような指導者は
ただ鬱憤を晴らしているだけだと思っています。

大事なのはミスしたという事実とどう向き合うかです!

僕がいつも言うことなんですが
ミスはテニスに付きもの

ミスを減らすことも大事ですが
それと同時に
許せるミスを作ることも重要です。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

0